ケータリングを上手に活用しよう!ケータリングについて知っておきたい豆知識をわかりやすくご紹介

ケータリングはいわゆる配膳サービスと呼ばれるもので、志田梨乃料理などを配膳してくれるサービスです。
デリバリーサービスと異なる点としては一品料理を配膳してくれるなどのサービスも含まれているという点で、配膳だけでなく運営や調理を行うため幅広いものになります。
これを活用することで例えばイベントでの配布や調理を可能にしたり、パーティーなどで飲料や食べ物を提供することも可能という点がデリバリーと大きく異なるのです。

ケータリングを上手に活用しよう!ケータリングについて知っておきたい豆知識をわかりやすくご紹介

ほかにもオフィスケータリングと呼ばれる、会議後に食事会をその場で開催したい場合などに利用が適しています。
会議室を退席後専門スタッフがテーブルセッティングまで行って簡易的な食事会場に変えることが可能で、豆知識として覚えて多くと良いでしょう。
特に1か所でイベントを実施する場合にケータリングサービスは強力なコンテンツとして機能することができるため、デリバリーに付加価値を加えたい場合に利用するのがオススメです。

お洒落なケータリングを実現させるためには

せっかくケータリングを利用するなら、出来るだけお洒落にしたいことでしょう。
そのためには、利用する業者の実績や特徴を調べておいて、希望が実現できそうか確認するようにしましょう。
ケータリングをお洒落にするにはいくつかのポイントがありますが、まずは、「容器・食器・テーブルクロスなどに高級感があるか」という点が大切です。
同じ料理でも、器やテーブルクロスなどによって見た目は大きく変わってしまうためです。
ただし、器などにお金をかけると費用がかさむのではと心配になるかもしれません。
そんな時は、素材は紙で出来たものでも、デザインに高級感のあるものを用意してくれるところを選ぶと良いでしょう。
次に、「会場と出席者の雰囲気が合っているか」もお洒落なケータリングを実現するためには大切です。
一言でお洒落といっても、どんな人達の集まりかで、好まれるテイストは異なってきます。
お洒落だなと感じてもらうには、集まりの目的や出席者の好みを収集し、それにマッチしたプランや料理などをチョイスすることが肝心だと言えます。

ケータリングの失敗談からわかること

ケータリングの失敗談にもいろいろありますが、やはり最も多いのは料理が思っていたような感じではなかった、貧相だったとか量が少なかった、おいしくなかったというようなことでしょう。
ケータリングは必ずしも料理の出前だけの意味ではなく、レストランのシェフやウェイターのような役目も含めて依頼することですが、やはり料理が主役であることに違いはありません。
これを避けるには事前の確認というか情報収集が大切です。
単に料理の名前や品数だけを確認するのではなく、写真などから見た目も可能な限りは把握しておきましょう。
味は写真からでは分かりませんが、貧相でないかとか思っていたよりも量が少ないのではないかということは十分に把握可能です。
このあたりは口コミを利用することもできますし、もっと言えばお店側自身と率直に相談することもできます。
参加者の人数のみならず年齢や性別、そしてパーティの目的や雰囲気によっても求められるものは変わってくるからです。

ケータリングを依頼するときに重要な参加人数

パーティーやイベントなどで振る舞われる料理ですが、オードブルを利用するかケータリングを利用するかで迷う場合は多くあります。
オードブルの場合はプロの料理を本格的に味わう事ができ、費用面もリーズナブルにできるのが魅力です。
ただし配膳をスタッフなど対応する人が必要だったり、料理が冷めてしまっているのも注意が必要となります。
ケータリングの場合はあたたかい料理を提供してもらうだけでなく、配膳や後片付けといったサービスなども含まれているのが魅力です。
実際に利用する際はパーティーやイベントの参加人数が重要であり、最低人数によってサービスの内容や費用に大きくかわってくるので理解が必要になります。
参加者の数によって利用できるサービスや価格帯などが変わってくるので、利用前に相談するなど詳細を把握しておく事が大切です。
開催する際の人の数にあわせて、より適切なサービスの内容などを提案してもらう事もできるので依頼する際は確認する事がポイントといえます。

ケータリングは参加人数によって料理のセレクトも変わる

パーティーやイベントの内容によって、より雰囲気を盛り上げる演出として料理の提供があります。
個人で行う場合の他に、法人でも様々なイベントで料理を提供する事は多いです。
本格的な料理を楽しむだけでなく、配膳や後片付けなども含めたサービスとしてケータリングがあります。
オードブルなどの利用とは異なり配膳なども行ってくれるので、イベントやパーティー自体をぐっと盛り上げる事ができるのが魅力です。
実際にケータリングサービスを利用する際に、参加人数により提供される料理のセレクトなども変わる事は多いので把握しておく事が大切です。
人数が多ければ多くの人が楽しめるメニューとなり、人数が少なくなれば少なくても見栄えのより料理を提供してくれる場合が多くあります。
依頼する企業によってメニューの内容などに差がでてくるので、料理のセレクト内容などもしっかりチェックした上で依頼する事が大切です。
参加人数にあわせての提供の場合は、料理も見た目も十分に楽しむ事に繋がります。

年配の方が多いパーティーにはケータリングがおすすめ

一年を通すと様々なイベントがあります。
大勢で集まって会食をしたいという時はホームパーティーやデリバリー、飲食店やホテルでの食事など様々な方法がありますが、年配の方が多い場合はケータリングサービスを利用するのはいかがでしょうか。
お花見やクリスマス会、親睦会など会食を楽しむ機会は多いです。
ホテルやレストランでは会場費用もかかりますが、ケータリングでは自分たちの好きな場所で行うことができるので会場コストを抑えることができます。
例えば仕事関係なら会社の会議室、サークルや自治体の仲間なら自宅や公民館などの集会場を利用してデリバリーよりも高級感あるレストランで楽しめるような食事を行うことができます。
シェフの出張サービスを行っているケータリングもあるので大切な記念日や催しを行う時の演出にもぴったりです。
メニューの取りまとめをする必要もなく、みんなでゆっくり会食できるので、年配の方が多いパーティーでも活躍できます。

ケータリングにはお寿司を実演で握ってくれるサービスもある

さまざまな食事を手軽に楽しめるのがケータリングサービスの魅力ですが、それと同時にライブ感があるのも醍醐味のひとつと言えるでしょう。
ケータリングは目の前で調理をしてもらえるのが特徴で、例えばお寿司を実演してもらえるのが一例です。
まるでお寿司屋にきたかのような感覚を味わえますし、職人の技術をじっくりと見て楽しむことができるのです。
出来立てをすぐに食べることができ、しかも好きな場所にケータリングはきてくれるため、自宅や会社事務所などでも贅沢なひと時を過ごせます。
こうしたサービスはイベントの時にも盛り上がりやすいでしょう。
歓送迎会や誕生日、記念パーティーなど、職人がすぐそこで握ってくれる演出はイベントの目玉になり得ますし、握りだけでなく魚を捌くところから見られるものもあります。
もちろん一切の準備や配膳はすべて業者に行ってもらうことができ、利用者はケータリングによる食事だけに集中して楽しむことができます。

栄養管理にも最適なケータリングのメニュー

食事の準備だけでなく配膳なども含めて、多くのサービスを提供してくれるサービスとしてケータリングがあります。
パーティーやイベントなどで活用する事が多くありますが、特徴の1つとして料理の種類に関して相談出来るという点です。
一般的なイベントやパーティーであれば、和洋中など料理の種類なども踏まえて準備してもらう事が出来ます。
ただしより栄養管理などを考慮したメニューを希望する場合、ケータリング企業によっては様々な要望にあわせて対応してもらう事が可能です。
健康的な料理を希望する場合であれば、カロリーを抑え料理などを最適に準備する事が出来ます。
減塩をメインに考えられたメニューの他に、糖質制限を考慮したり低たんぱくといった料理なども依頼する事が可能です。
開催するイベントやパーティーの趣旨にあわせたメニューを依頼する事で、よりイベントを成功させる事に繋がります。
事前に細かく相談することで、様々な要望にそったメニューを考えてくれるのが強みです。

ケータリングは参加者の好みをカバーできる

外でパーティーなどをするときにケータリングのサービスを利用すると、効率的にバイキング形式などで食べることができる料理を用意することができます。
すでに完成されている弁当などを提供してくれるような業者も存在しますが、一から希望通りの料理を作っている業者もあるので、そのような場所にお願いすると簡単に質の高い料理を確保することが可能です。
どのような人物が参加するのか事前に把握しておけば、参加者から話を聞くことで苦手な食べ物などをカバーするようなことも難しくありません。
基本的に弁当屋さんに依頼するよりも、自由度が高いサービスになっているので、事前に相談をすることで質の高い料理を確保しやすいような特徴があるので安心です。
ケータリングでは実際に料理を調理してくれるシェフが派遣されるようなケースもあるので、現場で臨機応変に対応しているようなところもありますから、料金は高額になることが多いですが満足度は上がると考えられます。

ケータリングは温かい状態で料理を提供してくれる

自宅でパーティーなどをする場合、盛り上げるアイテムとして欠かせないのが料理になります。
誕生日であればケーキの他に様々な御馳走を準備する必要がありますが、自分で手作りする以外に買ってきたりと工夫する事が可能です。
オードブルなどは店舗で作られた料理となるので味は格別ですが、どうしてもテイクアウトとなると覚めてしまうので注意が必要になります。
再度温め直したりレンジを利用したりと、パーティーの準備をするのに手間がかかる事が多いです。
ケータリングサービスの場合はその場で調理してもらう事が出来るので、提供されるメニューがあたたかいのが魅力となります。
ケータリングの利用は費用はかかりますが、様々なメニューをその場で調理してもらうだけでなく配膳なども行ってくれるのが強みです。
目の前で本格的なプロの調理をパフォーマンスとして楽しむ事ができ、アツアツで食べる事が出来ます。
パーティーの雰囲気を盛がえる効果も高いので、魅力的なサービスの1つといえます。